淡水パール3WAYロングネックレスアレンジ方法

SS最終1_コピー_コピー

ブログをご覧いただきありがとうございます。淡水パール3WAYロングネックレスのアレンジ例、やり方をご紹介させていただきます。

 

 

こちらの商品3wayとネーミングされてますが実際はもっとアレンジ例がございます

↓の画像をご覧くださいませ。

淡水3way説明

A:通常のロング(金具は使用しません)

B:トップにボリュームがあるロング(金具は使用しません)

C:内と外の長さ違いの2連(金具使用しません)

D:金具を使用した2連

E:金具を使用しひねりのある2連

F:金具を使用したブレスレット

 

 

AとCに関しましては首にかけていただくか2連としてかけていただくかでおわかりになられるかと思います。

Eの金具を使用しひねりのある2連のやり方↓

e-1

 

1連のロング状態で左右の手で持ちます

e-2
真ん中でクロスさせます
e-3
クロスを続けます
e-4

e-5
こんな感じのひねり具合になったらOKです。あまりひねりすぎないよう注意しましょう。
e-6
輪っかにし、金具を右側につけます。
e-7
反対側にも写真のように通します。
e-8
金具の凹凸をはめます。凸部分を押し込めばはまりますが、指をはさまないよう注意してください。
e-9
上についてるストッパーを輪っかにはめます。
e-10

完成です!!お疲れ様でした!

続いてFのブレスレットの作り方です。
f-1

最初に2連にします。
f-2
両手で持ちます。
f-3
クロスしていきます。
f-4

f-5

f-6
これくらいのひねり具合になれば大丈夫です。

f-7
片方に金具を通します。
f-8
ひねりのある状態で手首に巻き付け、反対側に金具を通し完成です!!!
f-10
ただ、手首に巻きつけた状態で金具を通すのは結構大変なので、金具をとめる作業は誰かに手伝ってもらっちゃったほうが簡単かもしれません!!

続いてBのトップにボリュームのあるロング  です
これは結構簡単です。
b-2
先端付近に輪っかをつくります。
b-3
輪っかの中に通して
b-4
b-5
軽くくって完成です!!お疲れ様でした!!

最後にDの金具を使用した2連ですが
d-1
これは画像のように2連にした状態で、2連の端と端を金具でつなげてみてください。
Eのひねりがないバージョンととらえていただけますとわかりやすいかもしれません。

以上でございます。最初は少し複雑に感じるかもしれませんが、慣れれば幅広い使い方が出来ますので
頑張っておぼえちゃいましょう!!
ではでは、長文におつきあいいただきまして、誠にありがとうございました。

コメントは受け付けていません。