通常鑑別書(鑑別書)

パール鑑別書画像 基本のパール鑑別書

ほんとに本物?

 

真珠の偽物はダイヤよりもわかり易いものですが、やはり専門でなければ中々見分けはつきにくいものです。

これは、ある程度の知識はあってもフェイクと比べることも少ないわけで、で、鑑別書が必要ってことなんです。

 

ただ通常の鑑別書だとグレードはありませんので、その真珠がどのくらいの品質なのかはわかりません。

あくまで、本物です、というものです。

通常巻厚の測定や色味のバリエーションの多い南洋白蝶や黒蝶真珠にこの手の鑑別書が付く場合や、デパート等ではある程度の金額以上には自動的についていたりで、様々な使い方がされていますね。

でもギフトの際なんかではそこは重要でもありますよねっ。

 

鑑別書のPOINT

  1. 鑑別書とは本物の真珠はどうかを見極めるものであって、品質に関わるものではありません。
  2. 購入するものに不安がある場合や信頼を相手に伝えたいギフトなどには、購入者側からも鑑別が欲しいということができますよ。

IMG_6541

コメントを残す