パールのお手入れ

一生愛したいパールへ少しの思いやりを

酸はパールの大敵

パールはとても酸性に弱いものです。
通常の入浴もそうですが、
温泉旅行で硫黄などのお風呂に入る時は、
はずして入らないと光沢が失われてしまいます。
また、普段の生活の中でも、お酢を使うクッキングや、
バスクリーナーでのお掃除には、
パールのリングは はずしていただくのが良いでしょう。

柔らかい布で

ご使用後は、乾いた布でそっと拭いてください。
汗や化粧品、汚れからパールを守るだけでなく、
ちょっとした傷も消え、
いつまでもパールならではの美しい光沢が保てます。

パールのケース

保管は出来るだけ他の宝石とは別にしまってください。
パールは、宝飾品の中では、柔らかいほうで、
ダイヤなどと一緒にしまってキズがつくことがないよう、
パール専門のケースに入れましょう。
保管場所は、ナフタリンなどの入った所へ入れないように
注意して下さい。こちらも光沢が失われてしまいます。
また乾燥しすぎることも嫌いますので、
折に触れご使用になることをお勧めします。

記念日は糸の取替え日

糸の取替え日はあなたの誕生日
或いは、結婚記念日
そんなふうに決めておけば、忘れないですよね。
長い年月で、汚れが染み込み
糸やパールを傷める原因になります。
糸の取替えはパールの掃除にもなります。

時々チェック

イヤリング、リング、ピアスなどのパールジュエリーは、ほとんど接着仕上げになっています。
そのため汗や湿気でパールがゆるむことがあります。落としてしまっては大変。時々みてあげましょう。
【修理加工サービス】